火災による損害だけではなく、自然災害などによる損害も補償します。

火災以外の損害補償

 

火災以外の保証内容

 

火災保険というのは「火事」のときだけ補償してもらえるものだと思いがちです。
しかし、火災保険にはそれ以外にも補償してもらえるものなのです。

 

火災保険の補償内容とはどのようなものがあるのでしょうか?

 

 

火災保険の基本内容

どんな保険会社の火災保険に入っても、基本的に必ず付いている補償内容と言うものがあります。

 

それは「火災」、「落雷」、「ガスによる爆発」です。

 

火災による補償内容は、自宅が火災になってしまったときに受けられるものなので、例えば自分の家が火元ではなく、隣の家が火元で延焼と言う形で燃えてしまったときでも補償してもらう事が出来ます

落雷による補償内容は、雷が落ちる事によって家に損害が起きてしまったり、家財道具に支障がおきた場合に受ける事が出来ます。

ガスによる爆発の補償内容は、カセットコンロが爆発してしまって損害を受けたり、ガス漏れに気付かないままガスコンロを点火して爆発してしまったなどのときに、その片付け費用などを補償してもらえます。

 

 

 

その他の災害によるもの

火災保険では、

  • 台風や暴風などによる「風災」
  • 豪雪などによる「雪災」
  • 5ミリ以上の氷の粒が降ったことによる「雹(ひょう)災」
  • 洪水などによる「水災」

などがあります。

 

これらは保険会社や保険内容により、基本内容に含まれていたりオプションであったりします

 

風災は台風・暴風・旋風・竜巻などによって家具や建物が損害を受けた場合に補償を受ける事が出来ます。また、雨どいやアンテナなどが損傷した場合でも補償を受ける事が出来ます。

雪災は雪の重みで屋根が破損したり、雪崩によって損害を受けた場合に補償を受ける事が出来ます。豪雪地帯に建てられている家はもともと雪に強く建てられている事が多いですが、雪があまり降らない地域で豪雪になってしまった場合、建物が破損する事も多く見受けられます。

雹災は、氷の粒によって建物に損傷が起きた場合に受ける事が出来ますが、契約内容によっては太陽パネルなどの付属品が含まれないこともあるので、きちんと確認しておく事が必要です。

水災は、台風や豪雨などによる洪水や土砂崩れなどによって損害を受けた場合に補償を受ける事が出来ます。

 

しかし、保険会社によって補償を受けられる基準が異なってくるので確認が必要です。