夢のマイホームへの引っ越しはかなわず、そこにあるのはただの更地となりました。

保険加入は引渡し日以前に

火災保険に入る事にメリットはあるの?とお考えの方も多いかと思います。しかし、火災保険の加入が遅くなってしまった
ばかりに、取り返しのつかない事態になってしまうこともあるのです。
ここではそんな時に起こってしまった事件によって、最悪のストーリーを歩む事になってしまったAさんの体験談をご紹介します。

 

・延焼は火元に損害賠償を求める事ができないなんて…
夢のマイホームを購入しました。建築条件付土地であったためにほぼ建売のようなものでしたが、それまでのマンション暮らしに
くらべたら全然広い間取りで、建築中は「ペットが飼える」とか、「新しい家具や電化製品を買おう」など、夢の広がる
数ヶ月でした。
引渡しも無事終了し、引越しまであと数日に迫ったある日、購入した不動産屋さんから「隣家が火事になり、新築の自宅が
延焼した」という連絡を受けました。一瞬目の前が真っ暗になったものの、延焼ということは自分自身に全く非がないわけで、
火元の家がどうにかしてくれるだろう、という考えが頭をよぎりました。しかし、その後すぐに私はどん底に突き落とされます。
不動産屋さんは「火元には賠償責任がないため、修復は自身で行う事になる」という事実を告げられたのです。思わず
「はぁ?」と電話口で叫んでしまいました。
実は火災保険には加入する手続きはしたものの、その契約開始日は「引越しした日」にあわせてしまい、「引渡し日」には
しなかったのです。
延焼具合は家の1/4が燃えてしまい、とてもじゃないけど済む事は出来ないレベルであること、建て直しをするしかないような
状態であること、を重ねて不動産屋さんから説明をされました。
念のため火災保険会社に連絡をしてみたものの、やはりどうにもならず。火元の住人は平謝りしてくれましたが、火元の
住宅はほぼ全焼。火災保険により自分の住宅はなんとかなるものの、隣家であるうちまで面倒見れるような金額を支払う事が
出来ない事を泣きながら話してくれました。
念のため弁護士に相談もしてみましたが、損害賠償を取れたとしても、下手したら弁護士費用の方が高くなってしまうかも
しれない、ということでした。
要するに、どうにもならないのです。
示談の末、取り壊しの費用は火元の隣家が持ってくれる事になりました。本来はそんな義務を追う必要はないのですが、
せめても、という隣家の心遣いでした。
夢のマイホームに引っ越す事はかなわず、そこにあるのはただの更地。ダンボールにしまった荷物をもう一度紐解くことも
できず、ただ毎日涙に暮れる日々を過ごす事になりました。